無料 会員登録する

保育士の求人・転職|クリックジョブ保育

0120-15-7371 24時間受付 携帯からも通話無料

転職成功ノウハウ

保育士のキャリアプラン

保育士のキャリアアップというと、園長先生や主任保育士になるということが挙げられます。自分の園を持ちたいという方もいらっしゃることでしょう。また一方で、担任として現場で子どもたちと関わっていきたい方、保育士から幼稚園教諭になりたいと思っている方もいらっしゃいます。それぞれのキャリアプランについてご紹介します。

POINT

1保育士⇒主任保育士⇒園長
保育士として採用されたのち、主任保育士や園長とキャリアアップしていくためには経験と段階を踏んでいくケースが多いです。

主任保育士は、多くの認可保育園で1名ずつ配置されています。特定のクラスを受け持ったりはせず、保育所全体を支えるために活躍する管理職的なポジションで業務にあたります。主任保育士になるための資格や勤続年数に決まりはありませんが、保育士として現場で経験を積んだ方が選ばれやすい傾向があります。園によって基準は大きく異なりますが、経験8年以上が目安と言われています。まずは、主任保育士を目指していると意思表示をしましょう。また資格の取得や研修会等へ参加することにより意欲が伝わります。同時に現場で様々な経験をして、幅広い知識を身に着けておくと後々活きてきます。ならびに、主任保育士の仕事はコミュニケーションが欠かせません。コミュニケーション能力アップにも取り組む必要があるでしょう。

園長も各園に1人ずつ配置されています。保育園のリーダーとして運営や経営に関する責任を負ったり、保育士の指導にあたったりもします。園長になるには、資格や経験は定められていませんが、現場での経験が必要な仕事です。目安は保育経験10年以上と言われています。園長に何よりも必要になることが、どんな園にしたいのか、どんな風に園児や保護者と関わっていきたいのかという気持ちと熱意です。早いうちからそういったイメージを持つとよいでしょう。園長は仕事上、多くの方と関わりを持ち、共に仕事をする機会が多々あります。高いコミュニケーション能力だけでなく、臨機応変に対応できる力も求められています。そのためにも現場で多くの経験を積み、スキルアップしましょう。

ポストが少ない保育園だからこそ、昇格を目指しながら働いている方は、今の園で昇格できるか早めに判断しましょう。もし難しそうなのであれば転職を検討したり、ある程度経験を積んだ後、管理職として募集している求人を見つけ転職活動をするのを頭に入れておくとよいかもしれません。

2保育士⇒幼稚園教諭
保育士として3年以上の経験を積み、必要単位を大学で履修することにより幼稚園教諭の免許を取得する方法もあります。保育士と幼稚園教諭2つの免許を持っていれば活躍の場を広げることができます。2015年から2020年までの5年間の特例ですので、興味がある方は早めに行動することをオススメします。
なかなか人に聞きにくいことや言いにくいことなどすべてご相談ください。 担当者が最後までサポートいたします!
お電話でも簡単にご登録が可能です

0120-15-7371

  • ● 24時間受付OK
  • ● 携帯からも通話料無料
今月の
新着求人!!
1,442件
  • ● 保育士      1,307件以上
  • ● 園長・主任    21件以上
  • ● 栄養士・調理師  45件以上
  • ● その他      69件以上
他にもたくさんの情報がございます。
常に最新情報をご提供致します。

詳しく見る

クリックジョブ保育で 希望通りの転職を実現
クリックジョブ保育は、保育業界に特化した転職サイトです。
日本最大級の求人の中から、ご希望にピッタリの求人をご紹介するほか、面接や退職交渉など、転職活動全般をプロの立場からサポートします。
ご登録からご入職までの流れ
まずは登録!
ご希望条件のヒアリング
求人紹介
書類選考・面接
条件交渉
内定・転職おめでとう!
ご登録からご入職までの流れ
転職ノウハウおしえます。 FAQ よくあるご質問 スマートフォンからも見れます。
クリックジョブ保育へのご意見・ご感想


お客さまのメールアドレスまたはお電話番号を明記の上、内容を確認しチェックを入れてください。

厚生労働大臣許可 13-ユ-303765
クリックジョブ保育はライフワンズ株式会社が厚生労働大臣の許可を受けて運営しています。
Pagetop